ホームページ タイトル 本文へジャンプ

会則(本則)へ 

豊田高専 教育後援会 慶弔費支出基準
制  定  昭和45年4月1日
最終改正  平成23年5月14日
1 会員の慶弔に関する基準
 一 災害見舞 10,000円
 二 死  亡 10,000円 ただし、配偶者の死亡については、会員に準ずる。
 三 その他常任理事会が必要と認めたもの
2 学生の慶弔に関する基準
 一 死  亡 10,000円、生花一基、弔電
 二 その他常任理事会が必要と認めたもの
附 則

   この基準は、平成23年5月14日から施行し、平成23年4月1日から適用する。


豊田高専 教育後援会 課外活動経費支給基準
制  定   平成 6年4月 5日
最終改正  平成30年5月12日
教育後援会から学生及び課外活動団体に対し支給する課外活動等支援経費は、次のとおりとする。
(旅費支援)
1 一般社団法人全国高等専門学校連合会等が主催する全国・地区大会・各種高専コンテスト等に参加する選手1名に付き、独立行政法人国立高等専門学校機構旅費規則等(以下「規則等」という。)に基づき、運賃(鉄道賃、船賃、車賃及び航空賃)の半額、選手強化費として一律1,000円,及び宿泊を要する場合は1泊に付き4,100円(規則等の半額)、並びに宿泊場所から会場への移動が伴う場合は移動費1,000円を加算し支給する。
   また、前記大会等に参加するマネージャーについても同様に旅費を支給する。
(2)第1項による旅費の支給に該当しない課外活動団体が、その設立の目的を達成するための行事等に参加する必要があると教育後援会が認めた場合は、当該年度において1回に限り、規則等に基づき運賃(鉄道賃、船賃、車賃及び航空賃)の半額を支給する。
ただし、当該旅費の支給限度額は、参加者1名に付き5,000円とする。
(ロボカップ支援)
2 ロボカップ世界大会に参加する場合は、総額30万円を支給する。
(備品等支援)
3 課外活動団体が所要する備品等に対して、その購入経費の一部又は全額を支給することができる。
(その他の支援)
4 特別の事情により、この基準によりがたい場合は、あらかじめ会長の承認を得て別段の取扱いをすることができる。
附 則
この基準は、平成30年5月12日から施行し、平成30年4月1日から適用する。


【豊田高専 教育後援会課外活動経費支給申合せ】
教育後援会より学生に対し支給する課外活動等支援経費は、「課外活動経費支給基準」に定めるほか、この申合せによる。
1 課外活動経費支給基準(以下「支給基準」という。)記1第1項に該当する大会については次のとおりとする。
一 東海地区高専体育大会及び全国高専体育大会または高専大会で参加校の関係から地区大会または全国大会と同様の大会として実施される種目の標記大会
二 高専体育大会全国大会出場決定戦
三 愛知県高等学校体育・文化連盟等が主催する公式戦で予選を勝ち抜いて参加する大会及び全国大会
四 高専ロボコン、デザコン、プロコン、及びプレコン等各種高専コンテストの地区大会及び全国大会
五 愛知県代表等として、その上位大会及び全国大会に出場する場合(文化系クラブも含む)
六 ロボカップ国内大会
七 その他、会長が全国大会に準ずる大会と認めた場合
2「支給基準」記1第1項に該当する大会について、旅費を支給する者は次のとおりとする。
一 出場登録した選手、マネージャー
二 当番校等により大会運営に必要な学生補助員
3「支給基準」第3項の備品等については、他の機関からの支援を受けてないものを対象とし、その選定については、課外活動団体の当該部長教員等を通じ申請されたリストの中から教育後援会の三役会において行うものとする。
附 則
この申合せは、平成30年5月12日から施行し、平成30年4月1日から適用する。